宇賀田直人 デザイン

2015年のぬかぽん

news
tweet | | permalink
news_151006_tenp-nukapon

2010年よりお手伝いしている、ホットバッグのぬかぽん。今年は通常品とは別に、多くの媒体でご活躍されているイラストレーター・福田利之さんがデザインをてがける『十布 TENP』さんとコラボレーションをした「ぬかぽん + tenp02 福島の刺子織」ができました。プランニングから予約限定販売の特設ウェブページの写真撮影、構成デザイン制作まで一環して手がけています。

1年以上前からコラボレーション企画の準備を始め、今年は十布さんの多大なご協力により初めて形になりました。tenp02 福島の刺子織の生地は、高い技術で織られた風合いと福田さんの独特な図案が相まり、初めて手にした時から一目惚れでした。

11月15日までご予約受付中です。詳しくは特設ページをご覧下さい。
ぬかぽん + tenp02 福島の刺子織

また通常品ラインナップもはつめ舎通信販売を皮切りに、10月中旬からは全国の取り扱い店にて販売が始まります。日増しに寒さが増してくるこれからの季節に、肩こりもちの僕も欠かせないあったかグッズです。機会がありましたらぜひチェックしてみて下さい。

2014年のぬかぽん

news
tweet | | permalink

nukapon-pack-2014

2010年よりデザインやウェブサイトまわりでお手伝いしている、ホットバッグのぬかぽん。今年も全国の取り扱い店にて販売が始まっています。包装紙や説明書のデザインが若干変更になっています。またぬかぽん本体も今までになかった青やピンク色のストライプ柄の外布袋が登場しております。

寒さが増してくるこれからの季節に、肩こりもちの僕も愛用しているおすすめのあったかグッズです。機会がありましたらぜひチェックしてみて下さい。

atelier A 10th Anniversary Fes

news
tweet | | permalink

以前よりスタッフで参加しているアトリエ・エーが今年で10年の活動を記念して、2013年11月9日新代田にあるライブハウスFEVERにて音楽フェスを開催されます。

参加している子どもたちによるダンスの披露をはじめ、スタッフが普段活動しているバンド演奏、それに子どもたちも参加するかも?などの内容で、僕はオープンからクローズと幕間の選曲担当で参加します。

大きな会場でのイベントは2007年のライブペインティングイベント以来。あの時は飛び入りで二階堂和美さんの歌を聴くことが出来たり、そこに子どもたちが飛び入りで踊ったりととても楽しい思い出になりました。今回もどうなることやら、きっと素晴らしいイベントになるでしょう。

土曜日のお昼、よろしかったら是非おはこび下さい。

http://atelier-a.petit.cc/apple1/
http://www.fever-popo.com/schedule/2013/11/09/

ダウン症、自閉症のあるこどもたちを中心に、たくさんのアーティストが集う代々木上原の絵の教室アトリエA。10周年を記念して、アトリエAにまつわるバンドや、こどもたちによるダンスユニット出演のフェス開催決定! ザ・なつやすみバンド、tokyo blue weeps、水越けいこ他出演!

【注:絵を展示&発表するイベントではありません】

以下告知詳細です

atelierA 10th Aniverthry Fes
11月9日土曜日
昼12:00(open11:30)~2:30
新代田FEVER

出演
◎ACT
◎TOOYOUNGS
◎水越けいこ
◎tokyo blue weeps
◎ザ・なつやすみバンド
◎DJ 宇賀田直人
◎DJ 安永哲郎

入場料¥1500+1D

予約受付アドレス・問い合わせ
◎予約開始日時は、10/21(月)AM10:00からとさせていただきます。

atelier-a@mo.petit.cc

2013年のぬかぽん

news
tweet | | permalink

DSC0543

2010年よりデザインやウェブサイトまわりでお手伝いしている、ホットバッグのぬかぽん。今年は包装がクラフト袋入りとなり、全国の取り扱い店にて9月頃より販売が始まっています。またウェブサイトでは通信販売が以前よりも簡単になりました。

寒さが増してくるこれからの季節に、僕も愛用しているおすすめのあったかグッズです。機会がありましたらぜひチェックしてみて下さい。

『金継ぎをたのしむ』が発売になりました

news
tweet | | permalink

news_130718

ブックデザインを担当した、黒田雪子・監修『金継ぎをたのしむ 陶磁器・漆器――大切なうつわの直しかた』平凡社・刊 http://www.heibonsha.co.jp/book/b157614.html が6月下旬に発売となりました。

本漆による器の繕いを多数の写真で手順紹介、実際に手がけてみようという方にもわかりやすい内容に仕上がったと思います。近年注目を集めている「金継ぎ」にご興味がおありの方は、よかったらお手にとってみて下さい。

1 2 3 4